2010南の島 第6日目

 8月5日、父島での4日目、島での旅のちょうど中日です。
 この日は海での泳ぎを後回しにして、村のバスに乗り小笠原海洋センターにやってきました。ここへ来た目的は2日目に大村海岸で放流のあったアオウミガメ。ここでは若者のボランティアを中心にして、アオウミガメの保護や育成に取り組んでいます。

e0058338_2167100.jpg
 まず私たちを出迎えたのは、大人になったアオウミガメ。長さが1メートルくらい体重は100キロぐらいあるようです。近づくと寄ってきて、何か欲しそう・・・

e0058338_2164413.jpg
 外には、子ガメの水槽があり、今年生まれたばかりの可愛くて小さい子ガメや、

e0058338_217684.jpg
先日放流のあった1年くらいたった子ガメなどがそれぞれの水槽に分けて育てられていました。ここである程度大きくして放流し、生き残って帰ってくる数を増やそうとしているようです。

e0058338_2174180.jpg
 カメにあげるおやつの野菜を売っていて、あげると喜んで食べます。パクリと食べる時、鼻からピュッと水が出てくるのが何ともいえず面白い・・・

e0058338_218981.jpg
 再びバスに乗り、街まで移動。お昼ご飯を街の食堂で食べてから、初めての浜の宮之浜へ移動しました。バス停からちょっと歩きましたが、本土ではあまり見られない不思議な松林のトンネルを抜けていきます。

e0058338_21847100.jpg
 宮之浜は、釣浜と並んで父島でも兄島に面した浜で、きれいな珊瑚が見られると聞いていたので期待してシュノーケリングします。
 割と浅いところもありましたが、比較的深い場所では珊瑚が発達していて結構いろいろな魚が見られました。

e0058338_2193010.jpg
 これは顔が特徴的な魚で、結構すばしっこい。名前をあとで調べたところ「ヤマブキベラ」だそうです。

e0058338_2195427.jpg
 これは、熱帯魚でよく見る魚!「ハタタテダイ」みたいです。

 今日の泳ぎで、何とこれまで浮き輪がないと泳げなかった長女が、シュノーケリングできるようになりました!力を抜いて浮かびながらシュノーケルで呼吸するコツをつかんだようです。実のところ、私もあまり泳ぎは得意ではない方でしたが、今回の旅行でだいぶシュノーケリングの楽しみを覚えられたみたいです(^ ^)
e0058338_21102818.jpg


 次回は、今回の旅の大きな目的、イルカと泳ぐドルフィンスイムに挑戦!?・・・です。
[PR]
by haruhiko_imao | 2010-08-10 21:12 | 小笠原への旅
<< 2010南の島 第7日目(前編) 2010南の島 第5日目 >>