2010南の島 第8日目

 8月7日。小笠原・父島での6日目、早くも丸一日島で過ごせる最後の日となりました。

 そのことを子ども達に告げても、意外にも「もう海で泳ぐのはやめた」とのこと。さすがに毎日のように海に入っていると、当たり前のようになって魅力を感じなくなってしまうのでしょうか。前日まで5日連続でしたし、さすがに前日のドルフィンスイムが応えたのでしょう・・・
 「せっかく来たんだからお父さんは泳ぐよ」と言っても、今日は宿でのんびりしている、とのこと。この日は夕方に、島のお祭り広場でJAMMINという島のアマチュア音楽家達による野外ライブがあり、屋台も出るとのこと。このお祭りに行く予定にしていたので、それまでゆっくりすればいいや、ということで私一人で宿の目の前の扇浦でシュノーケリングとなりました。
e0058338_22415659.jpg

 父島滞在中は、基本的に晴天で、時々スコールのようにザーと驟雨になる時もありましたが、そうした時もすぐに雨は止んで天気が回復していましたので、島一日目二日目に比べると圧倒的に海の色がボニンブルーといった感じでした。
e0058338_22423579.jpg

 扇浦の真ん中あたりは砂浜で、魚は少ないのですがご覧のとおりの海の色で、泳いでいて大変気持ちのいいものでした。
e0058338_2242576.jpg

 扇浦の両端あたりに珊瑚が多く、珊瑚が多いところは必ずたくさんの種類の魚が群れて泳いでいます。この日は、子ども達と別行動ということもあり、私一人でのんびり泳ぐことができたので、かなり沖の方や深いところまで足を伸ばすことができました。
e0058338_22431848.jpg

 この魚、とてもカラフルで面白い魚で、残念ながら名前が分からないのですが、私が近づくと威嚇するようにこちらへ寄ってきました。比較的小さいので、すばしっこく泳いでいました。
e0058338_22433559.jpg

 これは結構大きい魚で、あとで調べたらナンヨウブダイだそうです。体が大きいせいか、ゆったり泳いでいました。

 海の中をシュノーケリングしながら泳いでいると、底までの距離感がよく判らなくなる時があり、足は当然届かない深さで泳いでいるのですが、空中のような海の中を浮かんでいるような不思議な感覚になりました。海の底を地面に見立てて自分が空に浮かんでいるような感覚というか。これは生まれて初めてといっていい感覚で、忘れられない体験でした。


 夕方、子ども達とバスに乗り、島の中心部へ移動しました。小笠原JAMMINを見に行きました。
 最初は、お客さんも閑散としていて、あれ~、という感じでしたが、時間が進むに連れ次第に人も集まって来て、結構な盛り上がりを見せました。
e0058338_22441884.jpg

 屋台も出てはいましたが、種類も多くなく非常にアットホームな感じで、売る人も買う人もみんな知り合い、というようなほのぼのとしたお祭りでした。
e0058338_22443944.jpg

 子ども達は、バンドの音楽にはあまり興味はないようで、屋台のたこ焼きでお腹が一杯になると、広場の隣にある遊具で遊ぶのに夢中に。彼らは人見知りという言葉を知らないので、島の子ども達とも混じってブランコやら滑り台やらで遊んでおりました。

 この音楽祭が行われていたお祭り広場、小笠原のサマーフェスティバルの主な舞台のようで、我々が島を去ってから開催された、盆踊りや花火大会の会場にもなっているようです。
 島の方々も、観光客も、一緒になって楽しむ雰囲気がとても心に残りました。

 次回は、いよいよ父島ともお別れ。島での最終日です・・・
[PR]
by haruhiko_imao | 2010-08-28 22:45 | 小笠原への旅
<< ゴールデンウィークは外仕事!? 2010南の島 第7日目(後半) >>