絶叫マシンは嫌い

 先週の三連休初日、久しぶりに家族でお出かけしてきました。目的地は「富士急ハイランド」。

 子どもたちがもっと小さい時には、小さい子用のアトラクションを楽しみに、よく行っていたのですが、このところとんと足が遠のいていました。(後で調べたら、最近行ったのは何と7年前のGW。時が経つのは早いものです・・・)

 前回の7年前には、下の娘は保育園に上がる前でしたので、子どもたちの多くが、身長110cmの壁に涙しました。ということで、今回の目的はもちろん、絶叫マシンをはじめとするアトラクションを愉しむということで、絶叫マシンが嫌いな私以外の家族は、みんなウキウキででかけました。

 ちょうどこの日は、新しいアトラクション「高飛車」がお披露目とのことで、混むのを覚悟して行きましたが、案外人出は多くなく、ほとんどのアトラクションは待たずに乗ることができました。
e0058338_10255146.jpg


 この「高飛車」、さすがに私は乗りませんでしたが、上向きにゆっくり登っていったあと、
e0058338_10261676.jpg


 真っ逆さまになったところで止まったり、その後の121度の急降下があったり、見ているだけでごちそうさまの気分でした。
e0058338_1030576.jpg


 子どもたちの中でも、下の娘は「絶叫マシン」が気に入ってしまったようで、FUJIYAMAに2回乗っても満足せず、他のアトラクションにもっと乗ろうとしていましたが、上の子たちはもうすでにグロッキー状態。

 私も、ずいぶん久しぶりにジェットコースターに乗りましたが、もう体がついていきません。途中で心臓が踊ってしまい、もう限界という感じでした。

 周りの人達を見ていても、若い女の子が喜んで絶叫マシンに乗っているように見受けられました。しぶしぶ嫌がる彼氏の手を引っ張って乗ろうとしている子や、乗ったあと気分が悪くなっている彼氏を介抱している子もチラホラ。
 案外この手のものは、男の方が苦手な場合が多いようで、私だけじゃないんだと安心する反面、さすがに道端でうずくまっている男の子には、情けない気持ちで見ていられないくらいでした。しっかりしろ~

 それはさておき、朝の9時から夜の8時まで、ほぼ一日中楽しむことができました。
e0058338_10452168.jpg

[PR]
by haruhiko_imao | 2011-07-23 10:45
飯田市南信濃「かぐらの湯」 >>