ほんやりさま

 今朝は地区の「ほんやりさま」がありました。
e0058338_1943666.jpg

 このほんやりさま、信州の他の地区では「どんど焼き」とか「三九郎」とか呼ばれています。うちの地区でも別名「おんべ」とも。
 お正月に飾った門松などのお飾りを集めて、田んぼや河川敷などの広い場所にうず高く積み上げて、この辺りでは正月7日に焼いて一年の無病息災を祈ります。
 
 この伝統行事、私が子どものころまでは、ほとんどが子どもの手で行われていました。各家庭からお飾りを集め、仕分けし、うまく焼けるようにおんべを積み上げる。でも、昔と比べて極端に子どもの数が減ってしまった今では、大人の手を借りて、と言うよりはほとんど大人の手で作られています。私は今年たまたま準備に出席できなかったのですが、昨年の準備の際も、20年くらい前のことを思い出しながら参加しました。

 今朝のほんやりさまに火を付ける時も、昔なら火の周りを子ども達でぐるっと囲んでいたのですが、今では大人達を含めてもまばらに囲んでいる感じでした。伝統行事を続けていくことはいろいろ大変なことが多いですが、子ども達が大きくなっても続けられているといいな、と思いました。

e0058338_20144959.jpg

 明日は、雪かきボランティアで飯山市まで行ってくる予定です。腰痛もちの私ですが、少しでも役に立つことがあれば、ということで手伝いに行ってきます。
[PR]
by haruhiko_imao | 2006-01-08 20:18 | 暮らし
<< 雪かきボランティア 今年はじめてのスキー >>