南の島番外編-島の民宿-

宝島には4軒の民宿がある。

トカラ列島の各島の民宿については、十島村のホームページ(http://www.tokara.jp/)に連絡先等が掲載されているが、連絡先以外の情報は皆無に等しい。たまにホームページを持っている民宿もあるが、宝島にはそういった民宿はなかった。

今回、「とから荘」というところでお世話になった。4軒ある中で、選択の情報といえば名前ぐらいである。
予約の電話を入れた時、特にこちらの連絡先を聞かれなかった。電話をしている時は、特に気にしなかったが、後になって大丈夫かな、と不安になった。
案の定、島に着いた時も、「台風が近づいてきているから、来ないかと思った。」と驚かれてしまった。島への交通が、天候に左右されやすいフェリーだけであるが故に、予約をとったかとらないかは、それほど気にしてないのかもしれないと思った。(観光パンフレットにはもちろん要予約と書いてある。)

とから荘は、とても快適だった。

民宿のおじさん、おばさんはとても親切だったし、ご飯がとてもおいしかった。
島には、食堂など存在していないから、民宿での宿泊は基本的に1泊3食。夕飯には、おじさんが海で釣ってきたヒラアジとかのお刺身が出された。
息子の分も、大人と同じぐらい出されて、息子もまだそれほど量は食べられないので、残した分は私がいただくことに。5泊して何㎏太ったか。。。
島に行く前に読んだ本では、民宿の食事の悪さが書かれていたが(昼食は毎日カレーとか)、少なくともとから荘ではそのようなことはなかった。

部屋には、何とクーラーが設置されていたし、とても清潔だった。
宿泊者の共同スペース(応接間みたいな部屋)には、テレビがあって、神奈川から来ていたご夫婦とテレビを見たり、島のことを教えてもらったりして過ごした。
この部屋からは、フェリーが到着する前籠漁港から海を見渡すことができ、小宝島や悪石島を見ることができた。

基本的に、どの宿も1泊3食付きで6,000円から7,000円くらい。今回、息子の分はだいぶ安くしてもらってしまった。

e0058338_0572799.jpg

                     民宿から海を見る
[PR]
by haruhiko_imao | 2005-09-17 00:59 | トカラへの旅
<< 小学校運動会今昔 我が家の改造(その7)-土間コ... >>