絶叫マシンは嫌い

 先週の三連休初日、久しぶりに家族でお出かけしてきました。目的地は「富士急ハイランド」。

 子どもたちがもっと小さい時には、小さい子用のアトラクションを楽しみに、よく行っていたのですが、このところとんと足が遠のいていました。(後で調べたら、最近行ったのは何と7年前のGW。時が経つのは早いものです・・・)

 前回の7年前には、下の娘は保育園に上がる前でしたので、子どもたちの多くが、身長110cmの壁に涙しました。ということで、今回の目的はもちろん、絶叫マシンをはじめとするアトラクションを愉しむということで、絶叫マシンが嫌いな私以外の家族は、みんなウキウキででかけました。

 ちょうどこの日は、新しいアトラクション「高飛車」がお披露目とのことで、混むのを覚悟して行きましたが、案外人出は多くなく、ほとんどのアトラクションは待たずに乗ることができました。
e0058338_10255146.jpg


 この「高飛車」、さすがに私は乗りませんでしたが、上向きにゆっくり登っていったあと、
e0058338_10261676.jpg


 真っ逆さまになったところで止まったり、その後の121度の急降下があったり、見ているだけでごちそうさまの気分でした。
e0058338_1030576.jpg


 子どもたちの中でも、下の娘は「絶叫マシン」が気に入ってしまったようで、FUJIYAMAに2回乗っても満足せず、他のアトラクションにもっと乗ろうとしていましたが、上の子たちはもうすでにグロッキー状態。

 私も、ずいぶん久しぶりにジェットコースターに乗りましたが、もう体がついていきません。途中で心臓が踊ってしまい、もう限界という感じでした。

 周りの人達を見ていても、若い女の子が喜んで絶叫マシンに乗っているように見受けられました。しぶしぶ嫌がる彼氏の手を引っ張って乗ろうとしている子や、乗ったあと気分が悪くなっている彼氏を介抱している子もチラホラ。
 案外この手のものは、男の方が苦手な場合が多いようで、私だけじゃないんだと安心する反面、さすがに道端でうずくまっている男の子には、情けない気持ちで見ていられないくらいでした。しっかりしろ~

 それはさておき、朝の9時から夜の8時まで、ほぼ一日中楽しむことができました。
e0058338_10452168.jpg

[PR]
# by haruhiko_imao | 2011-07-23 10:45

飯田市南信濃「かぐらの湯」

 雨降りの土曜日。

 家でゴロゴロしていても面白くないので、長男、次男の男3人組で近場の温泉に行ってきました。行き先は、飯田市南信濃・遠山谷の「かぐらの湯」。

 といっても、最初からかぐらの湯を目指したのではなく、最初に行ったのは飯田市の「まちなかインフォメーションセンター」。ここで、前から手に入れようと思っていた「物味湯産(ものみゆさん)手形」を3人分ゲット!
e0058338_20402692.jpg

 実はこの手形、1,000円で10箇所の温泉に入れるという、超お得なクーポンなのです。入れる温泉は、昼神温泉を中心に23施設もあり、選り取り見取り。ちなみに有効期限は購入から1年間だそうです。


 時間的にも余裕があったことから、少し遠めの「かぐらの湯」を目指すことになりました。折しも朝からの雨が、心なしか強めに・・・
e0058338_2041482.jpg

e0058338_20421262.jpg

 矢筈トンネルから遠山谷に入ると、雨と霧で幻想的な山の風景が続きます。国道も、ところどころトンネルの工事とかがされていて、まだまだ乗用車がすれ違いできない狭い場所もあります。

 自宅からは1時間半位で到着。結構、中京圏からのお客さんが多い感じでした。
e0058338_20423761.jpg

 お風呂は、若干硫黄臭のするお湯で、ぬるめ、普通の湯船や、打たせ湯や寝湯もありました。お気に入りは、少しぬるめのサウナ。高くても80度くらいなので、比較的長めに入ることができます。

 写真には撮ってきませんでしたが、内部はスギやヒノキが特徴的に使われています。畳の大広間は木組みが圧巻でした。あと、ペレットボイラーも使われています。

 行き帰りに少し時間がかかるのが難点ですが、お風呂・施設ともに満足度は高いですね。子どもたちは、ジュースの自販機が少ないと不満を漏らしていましたが。 
[PR]
# by haruhiko_imao | 2011-06-19 20:42 | 伊那谷の名所・名物

いつもの年とは違う

 気持ちのよい五月晴れ。畑仕事や薪割り、堆肥作りなど外仕事に精を出しても、今年はいつもの年と違っています。

e0058338_1083713.jpg


 15年間、我が家で飼っていた雑種犬の「ゴン」が、昨年の11月に息を引きとりました。

 平成7年の夏にペットショップからもらわれてきた時は、両手に乗るくらいの仔犬でした。パピョンと柴の雑種で、どうやら望まれずに生まれてしまったらしく、ショップでも持て余していたところをもらい受けてきました。もともと前足が不自由で、少しびっこを引いて歩いていましたが、晩年はあまり散歩にも行きたがらず、のんびり眠ったり、子どもたちの相手をしたりして過ごしていました。
e0058338_1092290.jpg
ゴンと2歳くらいの長男(今は中2。。。)


 本当に大人しい犬で、私もこれまで何匹か犬を飼ったことがありましたが、これほど鳴かない犬は初めてでした。

 最後は、自分で立つこともできず、エサや水も口元まで持ってきてもらい、オムツをしての生活でした。体が痛むのか、それとも何か怖い夢でも見ているのか、あれほど鳴かなかった彼が何とも悲しそうに吠えながら眠っていました。
e0058338_10102360.jpg

 私は、飼っていた犬の最後を看取ったのは初めてで、もっと可愛がってやったらよかったのに、と涙が出て止まりませんでした。

 家の外で仕事をしていても、彼がいた場所を通るたびに、生きていた頃の彼の気配を感じるようで、切ない気持ちになってきます。
[PR]
# by haruhiko_imao | 2011-05-22 10:11 | 暮らし

ゴールデンウィークは外仕事!?

 先日、久しぶりに会った友人に、ブログが更新されていないことを指摘されましたので(K君、あなたですよ~)、久々の更新でございます。

 ご無沙汰しておりまして、大変申し訳ありません。何とか無事でした。(小笠原からも無事帰ってきました。そう言えば、小笠原の世界遺産指定が確実のようですね。おめでとうございます!)

 3月11日の東日本大震災ですが、仙台市若林区に実姉が住んでいまして、安否が確認できるまでに数日かかりました。職場も自宅も無事でしたが、職場は津波の先端だったようで、津波は本当に恐ろしかったと言っていました。
 震災が起きてから早くも2ヶ月が経とうとしていますが、未だに行方不明の方が多く、被害の大きさに言葉もありません。被害に遭われた方々の生活が、一日も早く平穏なものとなるよう、遠くに住んでいる私たちもできることをしていこうと思っています。


 さて、そうは言っても、一刻も早く普通の生活に戻るためには、5月の連休も今までどおりの生活を送らなければならない、ということで、外仕事に励みました。

e0058338_21481365.jpg


 連休は天気も良く、絶好の薪割り日和?、ということで、子供たちの手伝いも受けながら再来年用の薪を割りました。原木は相変わらず所有山林から切り出したコナラ、クリ、などなど・・・・
 写真はありませんが割ったものを積むのは、かみさんの役。きれいに積んでいくのは、大したものです。性別のせいか、性格のせいか、よく分かりませんが、私には真似できません。


 そう言えば、最近Facebookも始めました。もしよろしければ、適当な名前で検索してご覧ください。
[PR]
# by haruhiko_imao | 2011-05-12 21:48 | 暮らし

2010南の島 第8日目

 8月7日。小笠原・父島での6日目、早くも丸一日島で過ごせる最後の日となりました。

 そのことを子ども達に告げても、意外にも「もう海で泳ぐのはやめた」とのこと。さすがに毎日のように海に入っていると、当たり前のようになって魅力を感じなくなってしまうのでしょうか。前日まで5日連続でしたし、さすがに前日のドルフィンスイムが応えたのでしょう・・・
 「せっかく来たんだからお父さんは泳ぐよ」と言っても、今日は宿でのんびりしている、とのこと。この日は夕方に、島のお祭り広場でJAMMINという島のアマチュア音楽家達による野外ライブがあり、屋台も出るとのこと。このお祭りに行く予定にしていたので、それまでゆっくりすればいいや、ということで私一人で宿の目の前の扇浦でシュノーケリングとなりました。
e0058338_22415659.jpg

 父島滞在中は、基本的に晴天で、時々スコールのようにザーと驟雨になる時もありましたが、そうした時もすぐに雨は止んで天気が回復していましたので、島一日目二日目に比べると圧倒的に海の色がボニンブルーといった感じでした。
e0058338_22423579.jpg

 扇浦の真ん中あたりは砂浜で、魚は少ないのですがご覧のとおりの海の色で、泳いでいて大変気持ちのいいものでした。
e0058338_2242576.jpg

 扇浦の両端あたりに珊瑚が多く、珊瑚が多いところは必ずたくさんの種類の魚が群れて泳いでいます。この日は、子ども達と別行動ということもあり、私一人でのんびり泳ぐことができたので、かなり沖の方や深いところまで足を伸ばすことができました。
e0058338_22431848.jpg

 この魚、とてもカラフルで面白い魚で、残念ながら名前が分からないのですが、私が近づくと威嚇するようにこちらへ寄ってきました。比較的小さいので、すばしっこく泳いでいました。
e0058338_22433559.jpg

 これは結構大きい魚で、あとで調べたらナンヨウブダイだそうです。体が大きいせいか、ゆったり泳いでいました。

 海の中をシュノーケリングしながら泳いでいると、底までの距離感がよく判らなくなる時があり、足は当然届かない深さで泳いでいるのですが、空中のような海の中を浮かんでいるような不思議な感覚になりました。海の底を地面に見立てて自分が空に浮かんでいるような感覚というか。これは生まれて初めてといっていい感覚で、忘れられない体験でした。


 夕方、子ども達とバスに乗り、島の中心部へ移動しました。小笠原JAMMINを見に行きました。
 最初は、お客さんも閑散としていて、あれ~、という感じでしたが、時間が進むに連れ次第に人も集まって来て、結構な盛り上がりを見せました。
e0058338_22441884.jpg

 屋台も出てはいましたが、種類も多くなく非常にアットホームな感じで、売る人も買う人もみんな知り合い、というようなほのぼのとしたお祭りでした。
e0058338_22443944.jpg

 子ども達は、バンドの音楽にはあまり興味はないようで、屋台のたこ焼きでお腹が一杯になると、広場の隣にある遊具で遊ぶのに夢中に。彼らは人見知りという言葉を知らないので、島の子ども達とも混じってブランコやら滑り台やらで遊んでおりました。

 この音楽祭が行われていたお祭り広場、小笠原のサマーフェスティバルの主な舞台のようで、我々が島を去ってから開催された、盆踊りや花火大会の会場にもなっているようです。
 島の方々も、観光客も、一緒になって楽しむ雰囲気がとても心に残りました。

 次回は、いよいよ父島ともお別れ。島での最終日です・・・
[PR]
# by haruhiko_imao | 2010-08-28 22:45 | 小笠原への旅

2010南の島 第7日目(後半)

 8月6日、父島での5日目の後半です。

 ジョンビーチでのシュノーケリングを終え、再び船で今度は北の兄島方面を目指しました。

 移動中はもちろん、イルカたちがいないか、船のスタッフの方々はもちろんですが、参加した皆さんも海の彼方を見つめながら探します。
e0058338_1603623.jpg
 兄島周辺にはこのほかに、西島や弟島などいろいろな無人島があります。島への寄りつきは写真のように結構断崖絶壁で、海から眺めるには飽きない風景が続きます。
e0058338_161695.jpg
 次男は、酔い止めに飲んだ薬が効いたのか、デッキで爆睡状態。我々も、心なしか船の揺れに身を任せて、ウトウト気分になってきました。

 お昼になったので、兄島のビーチに接岸し、岸で各自持ち寄ったお弁当でお昼にしたあと、このビーチで再びシュノーケリング。珊瑚はそれほどありませんでしたが、かつて捕鯨船の基地だったこの岸には、あちこちにその残骸が沈んでおり、魚たちの格好の隠れ場所になっていました。
e0058338_1614680.jpg

e0058338_1622088.jpg
 娘も、ベストを外して余裕のポーズ。かなり深い場所でも3点セットだけでシュノーケリングできるようになりました。

 次に、すぐ近くですが兄島海中公園へ船で移動。
e0058338_1625662.jpg
ここで、船の中から魚の切り身のエサの入った籠を降ろすと、ご覧のとおり・・・瞬く間に大勢の魚が寄ってきました!そして中にはウミヘビも・・・
e0058338_1632135.jpg

e0058338_1634689.jpg

e0058338_1641157.jpg
 もともと、海中公園として保護されているので魚の数は多いのでしょうが、さらにエサで寄せているので半端な数でない魚たちで埋め尽くされました。早速、シュノーケリングしましたが、足や手に魚が当たってしまいそうな勢いでした。中には結構大きい魚もいて、ちょっと迫力がありました。

 そうこうするうちに、近くの仲間の船から無線で連絡があったようで、近くにイルカがいるとのこと。早速、全員船に上がり、目的の場所へ移動。

 イルカがいる場所には複数の船がいましたが、こうした場合、イルカを刺激しないようにドルフィンスイムする船の順番やルールが決まっているようです。ここにいたイルカはミナミハンドウイルカという種類のようで、人間と一緒に泳いでくれるイルカのようです。
e0058338_1645986.jpg
 船の後尾にスタンバイして、海に入る準備をして待ちますが、さすがに完全に海の中という感じで、ビーチでゆったり泳ぐというような訳にはいかず、かなり緊張します・・・
 それでも何回か交替で海に入りましたが、最初の1回、はるか遠くの水中にイルカを見ることかできました。
e0058338_166263.jpg
残念ながら一緒に泳ぐという訳にはいきませんでしたが、泳ぎが早くかつ運の良い方々は、間近で泳ぐことができたようです(^ ^)

 父島へ戻る間にも、何回かイルカと遭遇し、島の周りには結構な数いるんだ、という実感が沸きました。今度小笠原へ行く時までには、もう少し泳ぎを鍛えておくことと、何回かツアーに参加できるよう予定を立てておくことが重要だな、と感じました。

 次回は、丸一日島にいられる最終日。島のお祭りを楽しもう!です。
[PR]
# by haruhiko_imao | 2010-08-21 16:06 | 小笠原への旅

2010南の島 第7日目(前編)

 8月6日。父島での5日目です。

 小笠原での過ごし方ですが、いろいろな場所にあるビーチでのんびり、という方法もありますが、それぞれのシーズンでしか体験できないことのツアーに参加する、というのがもっとも有効でかつ貴重な体験ができるようです。この時期に島へ来る方々は、だいたい事前にツアーの予約を入れているようで、同じおがさわら丸で父島入りし宿も同じだった女性の方は、それこそ一日に複数のツアーを入れていて、島でのんびりするというよりは、アクティブに父島でしかできないことを体験していました。

 我々は、特にそういったツアーに予約を入れていなかったのですが、さすがにここまで来たからにはイルカぐらい見て帰りたいな・・・という気持ちはありましたので、宿のお兄さんに頼んで適当なイルカツアーを紹介してもらいました。
e0058338_10153175.jpg
 紹介してもらったのは、グラスボート ピンクドルフィン。文字通りピンクのボートが目立ちます(^ ^)
 この日は、このボートに乗って父島周辺を巡りながらイルカとの遭遇を目指しました。
e0058338_10191115.jpg
e0058338_10193538.jpg
 まず目指したのは、父島の南部にあるジョンビーチとジニービーチ。このビーチへは陸からだと2時間以上歩かなければ行けないところです。このあたりから南島にかけては海中公園になっているので、海の色も本当にきれい。
e0058338_10201041.jpg
 そして、そのまま南島を目指し、上陸を試みます。南島は、父島の南に接する無人島。石灰岩でできている沈水カルスト地形とか、一日100人までしか上陸できないとか、上陸には東京都自然ガイドの添乗が必要だとか、他の島では聞いたことのない制約がありますが、何といっても扇池の素晴らしい景観を見たくて、ここへの上陸は今回の一つの目的でもありました。が、しかし・・・この日の天候は南風がひどく、島の周辺の波は中途半端ではありませんでした。結局南島の周辺をぐるりとしただけで、上陸は断念。
e0058338_10203729.jpg
(扇池の写真を是非ともここに載せたかったのですが、もしご存じない方は「南島 扇池」で画像を検索してみて下さい。「紅の豚」を彷彿とさせる風景です。)

e0058338_1021714.jpg
e0058338_10212559.jpg
 南島上陸のかわりに、先ほどのジョンビーチ近くまで移動し、シュノーケリング。これまでは陸の浅いところから順に深いところに泳いでいくパターンでしたが、初めて船からいきなり深いところへドボン。子ども達はライフベストを着用しているからスイスイですが、私はあまり泳ぎが得意ではないので、ドキドキしながら進むのでした・・・(続く)
[PR]
# by haruhiko_imao | 2010-08-16 10:21 | 小笠原への旅

2010南の島 第6日目

 8月5日、父島での4日目、島での旅のちょうど中日です。
 この日は海での泳ぎを後回しにして、村のバスに乗り小笠原海洋センターにやってきました。ここへ来た目的は2日目に大村海岸で放流のあったアオウミガメ。ここでは若者のボランティアを中心にして、アオウミガメの保護や育成に取り組んでいます。

e0058338_2167100.jpg
 まず私たちを出迎えたのは、大人になったアオウミガメ。長さが1メートルくらい体重は100キロぐらいあるようです。近づくと寄ってきて、何か欲しそう・・・

e0058338_2164413.jpg
 外には、子ガメの水槽があり、今年生まれたばかりの可愛くて小さい子ガメや、

e0058338_217684.jpg
先日放流のあった1年くらいたった子ガメなどがそれぞれの水槽に分けて育てられていました。ここである程度大きくして放流し、生き残って帰ってくる数を増やそうとしているようです。

e0058338_2174180.jpg
 カメにあげるおやつの野菜を売っていて、あげると喜んで食べます。パクリと食べる時、鼻からピュッと水が出てくるのが何ともいえず面白い・・・

e0058338_218981.jpg
 再びバスに乗り、街まで移動。お昼ご飯を街の食堂で食べてから、初めての浜の宮之浜へ移動しました。バス停からちょっと歩きましたが、本土ではあまり見られない不思議な松林のトンネルを抜けていきます。

e0058338_21847100.jpg
 宮之浜は、釣浜と並んで父島でも兄島に面した浜で、きれいな珊瑚が見られると聞いていたので期待してシュノーケリングします。
 割と浅いところもありましたが、比較的深い場所では珊瑚が発達していて結構いろいろな魚が見られました。

e0058338_2193010.jpg
 これは顔が特徴的な魚で、結構すばしっこい。名前をあとで調べたところ「ヤマブキベラ」だそうです。

e0058338_2195427.jpg
 これは、熱帯魚でよく見る魚!「ハタタテダイ」みたいです。

 今日の泳ぎで、何とこれまで浮き輪がないと泳げなかった長女が、シュノーケリングできるようになりました!力を抜いて浮かびながらシュノーケルで呼吸するコツをつかんだようです。実のところ、私もあまり泳ぎは得意ではない方でしたが、今回の旅行でだいぶシュノーケリングの楽しみを覚えられたみたいです(^ ^)
e0058338_21102818.jpg


 次回は、今回の旅の大きな目的、イルカと泳ぐドルフィンスイムに挑戦!?・・・です。
[PR]
# by haruhiko_imao | 2010-08-10 21:12 | 小笠原への旅

2010南の島 第5日目

 8月4日、父島に着いて3日目です。島の天気は基本的に穏やかに晴れているのですが、突然黒い雲が空を覆って、スコールのような豪雨になったかと思うと、あっという間に晴れ間が出たり、山の天気のように変わりやすい状況でした。
e0058338_15275945.jpg

 この日も、宿のお兄さんが出してくれる手漕ぎボートで、近くの浜へ泳ぎと釣りに出かけようとしているさなかに、ザーっと雨が降り出しましたが、少したつと晴れてきたので、予定通り出航となりました。
e0058338_15293936.jpg


 ボートで目指したのは、扇浦の少し北にある境浦。この浦の沖には、戦争中に魚雷の攻撃を受けて沈没した船の残骸があります。ここも砂浜の海岸でとてもきれいなブルー!小笠原はかつて無人島だったのでこの色をボニン(無人)ブルーと言うそうです。
e0058338_15303430.jpg

e0058338_15312745.jpg
 浜には、流木を利用したブランコがあり、子ども達喜んで乗っていました。
e0058338_1532640.jpg
 娘のブランコを漕ぐ写真は、いい感じに撮れました(^ ^)

 さて、浜でお弁当を食べて海にも潜ります。砂地なので、それほど多くはいませんでしたが、きれいな海なので、見応えがありました。
e0058338_15331455.jpg


 夕方に近くなったので場所を移動し、ボートから釣りをしました。ロクセンスズメダイという魚が3匹釣れましたが、珍しく娘と私にはかからず・・・
e0058338_1533583.jpg


 でも帰る途中、フルバージョンの虹が見えたから良しとしましょうか。
e0058338_15345339.jpg


e0058338_1541043.jpg

 夕食は島ずし(サワラなどを芥子醤油で漬けた寿司)とともに、釣ったロクセンスズメダイの唐揚げでした。自分たちで釣った魚のお味は格別でした。
[PR]
# by haruhiko_imao | 2010-08-07 15:37 | 小笠原への旅

2010南の島 第4日目

 8月3日、父島に着いてから2日目を迎えました。家を出発してからはすでに4日目です。
e0058338_20185275.jpg

 今回泊まった宿の目の前は、扇浦という波の静かな海でして、宿で水着に着替えて海に飛び出していくことができます。
e0058338_20193236.jpg

 私も含めて全員がシュノーケル初体験なのですが、次男は家のビニールプールで練習した成果が出ている模様で、すでに一人でシュノーケリングできているようでした。一方、長女はまだ浮き輪が手放せないようでした・・・

 私はというと、5年前の宝島の雪辱を果たすべく(宝島の時にはシュノーケルを持って行かずに紺碧の海の目の前で涙をのんだ・・・)、度入りのゴーグルも含めて準備万端。海中でも撮影可能なオリンパスのμ-Touphも持参しました。
e0058338_20202228.jpg

 扇浦は父島の中でも砂地の多い浜で、岸のすぐそばは珊瑚よりは砂が多い感じですが、それでもいろいろな魚が泳いでいるのが見られました。
e0058338_20204841.jpg
こんな細い魚も

e0058338_20213143.jpg
たくさん群れて泳いでいる魚も

e0058338_20222647.jpg
浅いところには、稚魚が群れていました。

e0058338_20242537.jpg
泳ぐのに飽きた子ども達は、海岸のきれいな貝や石を拾って集めていました。

 夕方、アオウミガメの放流があると聞いていたので、村のバスに乗って島の中心部に近い大村海岸に移動しました。ここは本当に砂浜の海岸という感じで、白い波が海岸に打ち寄せていました。
e0058338_20251233.jpg

 島に住んでいる方も観光客の方も大勢集まってきて、アオウミガメの放流を見守ります。この日放流されたアオウミガメは昨年この浜で産卵され、海洋センターで1年間育てられたカメだそうです。
e0058338_2026684.jpg

e0058338_20272051.jpg

 アオウミガメは、箱から放たれると海に向かってゆっくりと這っていきました。何年か経って、メスがこの浜へ産卵に帰ってくるといいですね。
e0058338_20281638.jpg

e0058338_20284745.jpg
 さて、バスで宿に戻りお楽しみの夕飯。この日の夕飯は、パパイヤ入りカレーとアカバという魚の唐揚げでした。この魚、見た目によらず美味しく、ヒレまでパリパリといただきました。
[PR]
# by haruhiko_imao | 2010-08-06 20:29 | 小笠原への旅