カテゴリ:未分類( 19 )

絶叫マシンは嫌い

 先週の三連休初日、久しぶりに家族でお出かけしてきました。目的地は「富士急ハイランド」。

 子どもたちがもっと小さい時には、小さい子用のアトラクションを楽しみに、よく行っていたのですが、このところとんと足が遠のいていました。(後で調べたら、最近行ったのは何と7年前のGW。時が経つのは早いものです・・・)

 前回の7年前には、下の娘は保育園に上がる前でしたので、子どもたちの多くが、身長110cmの壁に涙しました。ということで、今回の目的はもちろん、絶叫マシンをはじめとするアトラクションを愉しむということで、絶叫マシンが嫌いな私以外の家族は、みんなウキウキででかけました。

 ちょうどこの日は、新しいアトラクション「高飛車」がお披露目とのことで、混むのを覚悟して行きましたが、案外人出は多くなく、ほとんどのアトラクションは待たずに乗ることができました。
e0058338_10255146.jpg


 この「高飛車」、さすがに私は乗りませんでしたが、上向きにゆっくり登っていったあと、
e0058338_10261676.jpg


 真っ逆さまになったところで止まったり、その後の121度の急降下があったり、見ているだけでごちそうさまの気分でした。
e0058338_1030576.jpg


 子どもたちの中でも、下の娘は「絶叫マシン」が気に入ってしまったようで、FUJIYAMAに2回乗っても満足せず、他のアトラクションにもっと乗ろうとしていましたが、上の子たちはもうすでにグロッキー状態。

 私も、ずいぶん久しぶりにジェットコースターに乗りましたが、もう体がついていきません。途中で心臓が踊ってしまい、もう限界という感じでした。

 周りの人達を見ていても、若い女の子が喜んで絶叫マシンに乗っているように見受けられました。しぶしぶ嫌がる彼氏の手を引っ張って乗ろうとしている子や、乗ったあと気分が悪くなっている彼氏を介抱している子もチラホラ。
 案外この手のものは、男の方が苦手な場合が多いようで、私だけじゃないんだと安心する反面、さすがに道端でうずくまっている男の子には、情けない気持ちで見ていられないくらいでした。しっかりしろ~

 それはさておき、朝の9時から夜の8時まで、ほぼ一日中楽しむことができました。
e0058338_10452168.jpg

[PR]
by haruhiko_imao | 2011-07-23 10:45

長野からの引っ越し

 長野から伊那谷への異動が正式に決まった3月下旬、土日を利用してアパートからの引っ越しをしました。
 引っ越しといっても、単身赴任の独り暮らしですので、大きな荷物は冷蔵庫、洗濯機と布団ぐらいで、そのほかはこまごましたものをまとめても段ボール5箱くらいにまとまってしまいました。
 この時期は引っ越しシーズンですので、異動の話が正式になってからでは遅いと思い、キャンセルの可能性大ありの前提で早目に申し込みをしたおかげで、単身パックで18,000円で済みました。
e0058338_1945712.jpg

 それでも、午後の何時にトラックが来るか分からず、手伝いに来てくれた友人と、ガランとなったアパートで待つこと3時間。トラックとともに4人の方が来てくれ、ものの10分もしないうちにトラックのカーゴに積まれて行きました・・・
e0058338_19455021.jpg

 それでも、3年間過ごしたアパートには積もり積もった汚れがありまして、その前の連休を利用して、子どもやかみさんが掃除と片づけを手伝ってくれまして、何とか引っ越し・引き渡しができたというところです。

 職場の異動だけでなく、生活の引っ越しも重なると、結構疲労がたまるものですが、疲れた~と言いながら手伝ってくれた同僚と夜の街へ繰り出すのでした・・・(^_^;)
[PR]
by haruhiko_imao | 2010-04-03 19:48

栂池へスキーに

 先日の日曜日、栂池高原スキー場に行ってきました。学生時代、私がよく行ったスキー場の一つで、多分15年ぶりぐらいになります。

 信州のスキー場の多くが、この日は「スキー子供の日」で、小学生以下が一日リフト券が無料でしたので、これに便乗して長男、次男の三人で行ってきました。
e0058338_23575213.jpg
 小学校1年からスキーを滑っている小4の長男も、これだけ広い本格的なスキー場は初めて。いつも行っているファミリーゲレンデでは、みんな適当に滑っていても迷子になることはありませんが、今回は自由行動という訳にも行かず、三人で一緒に滑りました。
 二シーズン目の次男も中級コースや、やや易しめの上級コースであれば、何とか滑ることができるようになったので、滑走禁止になっているゲレンデ以外は全て制覇しました。

 急なコースをいやがる次男は、なだめられながら連れて行かれ、ちょっと疲れ気味。しかも、新雪の積もったゲレンデは初めてで、結構コントロールして滑るのは難しく、今までとは勝手が違った様子でした。あと、天候がすぐれず吹雪いている時間もあったので、顔の冷たさに閉口していました。
 それでも、朝8時から夕方4時近くまで滑り、広いスキー場を満喫して帰途につきました。

 帰りは渋滞に巻き込まれ、家に着くまで何と5時間もかかりました。それに、道路はあちこちで凍結しており、所々でヒヤッとする場面もありましたが、何とか無事帰って来られました。
 やはり、こういう時には車は四輪駆動がいいなぁ、とつくづく思いました・・・
[PR]
by haruhiko_imao | 2008-02-19 00:19

久しぶりの更新です

 久しぶりの更新です。
 
 前の記事でコメントをいただいた皆様、レスをしなくて申し訳ありませんでした。
最近、ようやく単身赴任のアパートのネット環境が整い(何とBフレッツ!)、平日でも夜帰ってくれば、パソコンに向かうことができるようになりました。
 それでも、仕事だけでもやっとの生活が続いているので、なかなかブログにまで気が回りません。コメントを頂いても、なかなか返事が書けないかもしれませんが、お許しください。

 実は、近いうちに仕事の関係のブログを立ち上げることになりそうです。
今、仕事で取り組んでいる内容について、より多くの方に知ってもらい、意見を出してもらったり参加してもらったりするためです。
 実名での管理になると思うので、このブログからリンクを張るかどうかは判りませんが、もし、そちらの方でもお付き合いをいただければ幸いです。
e0058338_21203874.jpg
e0058338_21214845.jpg
 仕事で調査に行った宮崎の森林です。あちこちで大きな面積の伐採地が。これがなかなか植林されなくて、今問題になっています。
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-08-23 21:22

週末の過ごし方

 4月以降、スローペースでの更新です。

 言い訳をしますと、平日過ごす長野のアパートにまだネットの環境が整備されていません。これは、お金さえ出せば光ケーブルがつながる申し分ない環境なのですが、単身赴任生活の予想だにしない出費に、そこまでお金が回らないのが現実です。私は最近、自らのことを「単身赴任貧乏」と呼んでいます(笑)。
 週末に帰ってくる伊那の家は、今までどおりのネット環境ですが、身も心もボロボロになって帰ってくるので、パソコンに向かう時間は以前に比べてずっと減ってしまいました。
e0058338_0541.jpg
 写真は確か4月のものですが、今年も家の敷地ににょきにょきとタケノコが生えてきました。家の近くにはモウソウチク、マダケ、ハチクと一通りの種類の竹が自生しています。何も手をかけないで収穫できる、ありがたい存在である一方、放っておくと大変なことになってしまいます。
e0058338_083972.jpg
 これも確か4月の写真。7年前に長野から帰ってきた時に、かみさんの実家から贈られた「ウコンザクラ」。今年もきれいに咲きました。
e0058338_010124.jpg
 週末帰ってくると、必ず家の山を覗きに行きます。びっくりしたのは、4月と5月で林の中の明るさが全然違うということ。手入れをして明るくなったな~、と思っていたのは、木々が落葉していたせいでした・・・まだまだ伐り足りないということですね。
e0058338_012161.jpg
 週末、外でいろいろなことをして元気をもらい、再びアスファルトとコンクリートに囲まれた世界に戻っていきます。
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-05-27 00:14

単身赴任生活

 長野市での単身赴任生活が始まって3週間が経ちました・・・

 住んでいるのは、コンクリートに囲まれたこんなところです。
e0058338_14464173.jpg
 伊那谷の田園風景との落差が激しく、最初はまるで別世界に来てしまったようでした。

e0058338_14494873.jpg
 部屋の窓から見える風景です。部屋からの眺めは、部屋のカビくさい臭いに比べたら大したことはありませんが。コンクリート造りで、なおかつ部屋の換気が充分でないのでしょうか、恐らく冬の結露は相当なものになるでしょう・・・
e0058338_14561957.jpg
 それでも、土日には我が家へ帰ってきてリフレッシュできるので、まだ何とかやっていけるかな、と思いながら、明日からまた北上して仕事に追われる生活に戻ります。

 今月から、生活スタイルが一変してしまったので、ブログに気が回るようになるまで少し時間がかかりそうです。落ち着いたら、長野での生活や仕事についても書けたら、と思っています。
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-04-22 15:02

どんぐりの苗木

 何年か前、小3の長男がまだ保育園に行っていた頃、保育園のお散歩でクヌギのどんぐりを拾ってきたことがありました。保育園以外のところでも、例えば近所を散歩していても、時季になるとコナラやクヌギのどんぐりを拾って持ってくることがしょっちゅうでした。

e0058338_550786.jpg
 その拾ってきたどんぐりをいくつか、庭先に埋めておいたところ、そのうちの何本かがうまいこと芽を出し、大きくなりました。途中、葉っぱを虫に食われることはあっても、枯れることなく、かれこれ3年ほど家の庭先ですくすく育っていました。

 先日、このクヌギの木?というか苗木を、長男と二人で我が家の山へ植えてきました。
e0058338_5511576.jpg
 どんぐりを拾ってきた長男本人は、やはり気になっていたようで、どんぐりの木は庭先に生やしたまま放っておいて大丈夫か気にしていたようでした。

 今回、山を手入れして、一部分空もかなり見えるくらい空いてきたところもあったので、そういうところを見つけて寄せ植えしました。
e0058338_552462.jpg
 
 長男は、カブトムシが集まることを期待しているようでしたが、恐らく早くて15年くらい経たないとそのくらいの大きさにはならないでしょう。
 私としては、いいシイタケの原木か薪になるなぁ、と期待しています(笑)。
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-03-15 05:53

休みの日は外作業

 このところ、1週間以上になりますが、風邪をひいています。なかなか治らないです。
それ程高くない、微熱程度の熱が続き、体もだるさが抜けません。この時期、年度末を控えて結構仕事が忙しく、体を休められないのがいけないですね。

 そうは言っても、休みになるとゴロゴロしていることができずに、天気がいいことも手伝って、どうしても外で体を動かしてしまいます・・・
e0058338_21365393.jpg
 ある週の日曜日、山の手入れに行くのにダメもとで次男を誘ったら、意外にもついて来て手伝ってくれました。一人前にノコギリを使って竹切りに挑戦。割とうまく切れていました・・・

e0058338_213943100.jpg
 先日は、前もってキノコの原木用に切り倒しておいたクリやコナラを、玉切って家族みんなで運び出しました。ちょうど軽トラ1杯分になり、グッドタイミングで種駒もメーカーから送られてきたので、来週はいよいよ駒打ち作業に移れそうです!

e0058338_21453522.jpg
 この日は、本当に天気が良く、子ども達の作るシャボン玉が真上に上がっていくほど風のない日だったので、庭木の剪定枝を燃やしました。久しぶりの焚き火に子ども達は大喜びでした。
 それにしても、まだ2月だというのに、春のような陽射しの暖かい日が続いています。雪もお正月の終わりに降っただけで、本当にこのまま春になってしまうの?という感じで、いつになく物足りない冬が終わろうとしています。外作業には好都合なのですが・・・
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-02-26 21:50

Wii

 買ってしまいました。

e0058338_21275458.jpg


 テレビのない生活から、一転テレビゲームのある生活です(笑)。

e0058338_21285294.jpg


 テレビゲームというと、一人部屋にこもってピコピコ、というイメージでしたが、これは結構家族でわいわい遊べます。大人も楽しいです。
 
 体力測定、というものがあるのですが、私は60才、長男は38才でした・・・
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-01-31 21:30

忙しかった12月

 久しぶりのアップです。
 冒頭から、久々の更新の申し開きをするようですが、今月はいろいろありました。今月のエピソードをざっと流して今年の締めくくりとしたいと思います(笑)。

e0058338_21102288.jpg
 まずは、今私が関わって進めてもらっている間伐の現場です。
 戦後、私たちの先輩が懸命に植えて育ててきたスギやヒノキの人工林が、柱や板に使えるまでの大きさになってきているにも関わらず、管理がされずに放棄された状態の山があちこちにあります。一見、日本の森林は緑に覆われて豊かに見えますが、管理放棄された人工林の中は草木が生えないほど真っ暗になって不健康な林になっていることが多いのです。ひどい場合には、土壌が流れ出してしまっているところもあります。

 上の写真に写っている重機は「スイングヤーダ」と呼ばれるもので、通常のバックホーと同じベースマシンに二胴のウインチドラムが付いており、ブームの先をタワーとして簡易な架線集材が行えます。最近では林業の現場ではこうした機械が多く用いられるようになりました。
 先月の末に、この現場を長野県知事に見てもらう機会がありました。なぜここの現場を見てもらうようになったか細かい解説は省きますが、興味を持って見られていました。

e0058338_21114267.jpg
 以前紹介した友人の家が完成し、見学会に参加してきました。
 これに先立って、内装の施主施工(珪藻土塗り)のお手伝いにも参加する予定だったのですが、連休にも関わらず連日出勤だったので、涙をのんで不参加・・・
 でも、気に囲まれた北アルプスが望める素敵な家ができました。子ども達を連れて行ったのですが、大はしゃぎで困りました。次男曰く「あのおうちに住みたいナァ~」。

e0058338_21121115.jpg
 我が家の山の手入れがほぼ終わりました。
 今月に入ってからは、キノコの原木の伐採作業を少しずつ進めています。来春植菌予定のキノコはシイタケ、クリタケ、ナメコ。特にクリタケの原木はよく乾いていた方がいいので、早めに伐採です。ちなみに原木はクリの木です。
e0058338_21125273.jpg
e0058338_2113826.jpg
 あと、うちの山にたくさんあるタケも何か有効利用ができないか、ということで、伐ったマダケを利用して子ども達の弓矢を作りました。写真は取り忘れましたが、先日家で作った五平餅の竹串も、この時のタケの余りを使って作りました。
e0058338_2113273.jpg
 このところ、休日出勤が多くあまり子ども達にかまってあげられなかったので、前もって日程を決めてジブリ美術館に家族で行ってきました。ジブリ美術館は初めてだったのですが、正直、大人が楽しめるところだな、という感じでした。特によかったのはオリジナルの短編映画。「星を買った日」というタイトルでほんの20分程度の短編なのですが、ストーリーにも素晴らしい映像にも魅せられてしまいました。ジブリの作品はほとんどテレビでしか接することがなかったのですが、テレビとは映画では映像の質が全く違っていました・・・
 子ども達は、何といっても「ネコバスルーム」。小学生までしか楽しむことができないのですが、小三の長男もしっかり遊んでいました。

 年末に、海外勤務の長い学生時代の友人が、久しぶりに帰国してきていたので、有志での飲み会が急遽、京都であり参加してきました。たかが飲み会のために、わざわざ京都まで・・という気もしないではないですが、南信州と関西はそれ程遠くはありません。実際、伊那谷から大阪までの高速バスで往復したのですが、バスに乗っている時間は3時間くらいです。
 卒業してから10年以上経っているのですが、懐かしいメンバーで集まるとほとんど学生の時の再現といった感じで、短い時間ではありました楽しいひとときを過ごしました。こうしたシチュエイションでの飲み会は決まって飲み過ぎるのですが、さすがに年も重ねていることもあって、何とか無事に翌日を迎えることができました。
e0058338_21135221.jpg
 翌日、京都大学フィールド科学教育研究センター主催の時計台対話集会「森里海連環学が、日本の木文化を再生する」に参加してきました。実は、京都大学が提唱する森里海連環学について初めて知ったきっかけは、我が家を施工してくれた大蔵建設の大蔵さんです。
 対話集会、といってもシンポジウム形式の基調講演とパネルディスカッションが主ですが、帰りのバスの時間もあって、基調講演までしか聴くことができませんでした。写真はフィールド科学教育研究センターの竹内先生の講演です。竹内先生には、学生時代演習林実習で大変お世話になりました。この演習林実習、通常2回生が受けるのですが、出来の悪かった私は2回生に混じって5回生で受講しました。そんな私を気遣ってか、先生は私ひとりを夜飲みに誘ってくれたり、いろいろ声をかけたりしてくれました。
 この日は、講演の講師ということもあって、残念ながら声をかけられる雰囲気ではありませんでしたが、また機会があったら参加しようと思いながら、京都をあとにしました。

e0058338_21142861.jpg
 いろいろあった12月ですが、今日は大晦日。今年も今日でおしまいです。
 来年は、今月のようなことのないよう、こまめに記事をアップしたいものです・・・
[PR]
by haruhiko_imao | 2006-12-31 21:22