カテゴリ:山の手入れ( 1 )

imao山は激変

 この夏は、今までに経験したことのない暑さでした。

 特にひどかったのは、お盆休みの13日の週。外気温は37℃を超え、室温も32~33℃にまで達しました。これまで、クーラー、扇風機なしで夏を過ごし、それほど必要ないと感じていましたが、この酷暑が続くと、導入を検討したくなってきてしまいます。

 あまりにも暑いので、お昼過ぎからはたびたび家の周りに水を撒きました。井戸水の散水栓が外に設けてあるので、少しでも涼が得られるよう、ウッドデッキや庭に一日何度となく水撒きをしました。
e0058338_1516493.jpg
 日差しがとても強いので、水をしっかり撒いても、少し経つと乾いてしまい、水を自分の体にも撒いて暑さをしのいでいるようなものでした。


 この土日、久しぶりに家の山を覗きました。以前かなりきれいに手入れをしたにもかかわらず、半年経った現在、すでに藪になっていました・・・
e0058338_10231619.jpg
 タケはあっという間に大きくなってしまうので、また同じように切って整理です。
 それでも、今年生えたばかりなので、幹もやわらかく、半日ほどできれいにできました。
e0058338_10264941.jpg


 地面をよく見ると、実生で生えてきた広葉樹があちこちに見られました。これは、クリかクヌギか?葉っぱだけだとよく分かりませんが、多分クリでしょう。
e0058338_102749100.jpg


 これは、コナラ。薪のことを考えると、一番増やしたい樹種ですねぇ~
e0058338_10311875.jpg


 そして、一番意外だったもの。
e0058338_10334955.jpg
 これは葉っぱの感じからするとブナだと思うのですが、この標高からすると、あまり周囲にもありませんし、何か動物が実を運んできたのでしょうか??地面があまり明るくなると絶えてしまうでしょうね~
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-08-26 10:35 | 山の手入れ