カテゴリ:暮らし( 41 )

いつもの年とは違う

 気持ちのよい五月晴れ。畑仕事や薪割り、堆肥作りなど外仕事に精を出しても、今年はいつもの年と違っています。

e0058338_1083713.jpg


 15年間、我が家で飼っていた雑種犬の「ゴン」が、昨年の11月に息を引きとりました。

 平成7年の夏にペットショップからもらわれてきた時は、両手に乗るくらいの仔犬でした。パピョンと柴の雑種で、どうやら望まれずに生まれてしまったらしく、ショップでも持て余していたところをもらい受けてきました。もともと前足が不自由で、少しびっこを引いて歩いていましたが、晩年はあまり散歩にも行きたがらず、のんびり眠ったり、子どもたちの相手をしたりして過ごしていました。
e0058338_1092290.jpg
ゴンと2歳くらいの長男(今は中2。。。)


 本当に大人しい犬で、私もこれまで何匹か犬を飼ったことがありましたが、これほど鳴かない犬は初めてでした。

 最後は、自分で立つこともできず、エサや水も口元まで持ってきてもらい、オムツをしての生活でした。体が痛むのか、それとも何か怖い夢でも見ているのか、あれほど鳴かなかった彼が何とも悲しそうに吠えながら眠っていました。
e0058338_10102360.jpg

 私は、飼っていた犬の最後を看取ったのは初めてで、もっと可愛がってやったらよかったのに、と涙が出て止まりませんでした。

 家の外で仕事をしていても、彼がいた場所を通るたびに、生きていた頃の彼の気配を感じるようで、切ない気持ちになってきます。
[PR]
by haruhiko_imao | 2011-05-22 10:11 | 暮らし

ゴールデンウィークは外仕事!?

 先日、久しぶりに会った友人に、ブログが更新されていないことを指摘されましたので(K君、あなたですよ~)、久々の更新でございます。

 ご無沙汰しておりまして、大変申し訳ありません。何とか無事でした。(小笠原からも無事帰ってきました。そう言えば、小笠原の世界遺産指定が確実のようですね。おめでとうございます!)

 3月11日の東日本大震災ですが、仙台市若林区に実姉が住んでいまして、安否が確認できるまでに数日かかりました。職場も自宅も無事でしたが、職場は津波の先端だったようで、津波は本当に恐ろしかったと言っていました。
 震災が起きてから早くも2ヶ月が経とうとしていますが、未だに行方不明の方が多く、被害の大きさに言葉もありません。被害に遭われた方々の生活が、一日も早く平穏なものとなるよう、遠くに住んでいる私たちもできることをしていこうと思っています。


 さて、そうは言っても、一刻も早く普通の生活に戻るためには、5月の連休も今までどおりの生活を送らなければならない、ということで、外仕事に励みました。

e0058338_21481365.jpg


 連休は天気も良く、絶好の薪割り日和?、ということで、子供たちの手伝いも受けながら再来年用の薪を割りました。原木は相変わらず所有山林から切り出したコナラ、クリ、などなど・・・・
 写真はありませんが割ったものを積むのは、かみさんの役。きれいに積んでいくのは、大したものです。性別のせいか、性格のせいか、よく分かりませんが、私には真似できません。


 そう言えば、最近Facebookも始めました。もしよろしければ、適当な名前で検索してご覧ください。
[PR]
by haruhiko_imao | 2011-05-12 21:48 | 暮らし

季節はずれの雪

 今朝の布団の中で聞いたラジオから、今日は都心でも季節はずれの雪とのこと。このところ朝晩の冷え込みが厳しいとは感じていましたが、さすがにこの時期に雪とは、と思いながら外へ出たら、銀世界でした。

e0058338_6563264.jpg


e0058338_6574637.jpg


 見頃になってきたミツバツツジも雪に包まれています。4月のこの時期に積もるくらいの雪が降るのは、記憶にない遅さです。気象庁のホームページで調べましたが、22年前の1988年の4月8日に6㎝積もったようですが。

 明日は地区の神社の春祭りなんですが、桜も既に散った上に、一気に春から冬に逆戻りしてしまった中での珍しい春祭りになりそうです。


 先週の週末、久しぶりにシイタケの駒打ちをしました。
e0058338_713040.jpg

 年明けくらいに、ストーブの薪用に自分の山から切り出したコナラの、原木にちょうどよい大きさから少し細いくらいのものを30本準備しておき、日蔭に積んで乾かしておいたものを使いました。

 駒打ちは、子どもにとっても楽しいお手伝いらしく、原木と種駒を奪うようにして打っていってくれました。そのうちに、いつの間にか我が家の子だけでなく近所の子ども達まで手伝ってくれ、あっという間に終わってしまいました。

 少し時期的に遅かったかな、と思いつつ仮伏せしましたが、この陽気でちょうどいいくらいになりそうです(笑)。
[PR]
by haruhiko_imao | 2010-04-17 07:07 | 暮らし

伊那谷に戻ります

 皆さん、ご無沙汰しております。

 長野市への単身赴任生活も3年目が終わろうとしていますが、ようやく伊那谷へ戻れることになりそうです。

 ほぼ毎週の伊那谷-長野市の行き来や、家族と離れた生活も、この3月でとりあえず終わりになります。
 長野市での仕事中心の生活のため、この3年間にブログの記事をアップできたのは、たったの12回でした・・・これからは、また記事を書けるようになると思います。

 取り急ぎ、ご報告まで。
[PR]
by haruhiko_imao | 2010-03-19 06:23 | 暮らし

大雪の三連休

 三連休初日の土曜日、午前中は曇りでしたが、お昼過ぎから雪が降り始め、あっという間に白銀の世界になってしまいました。この日の降りは結構ひどく、雪かきをしてもかいた端から真っ白になってしまい、4回も雪かきをしてしまいました。トータルで30㎝以上積もりましたが、こんな雪降りは年にそう何回もありません。今年は長野市の方よりもこちらの南信の方が雪が多いような気がします。
e0058338_13205987.jpg
 次の日の日曜日、朝から良い天気で前の日の雪降りが嘘のような日差しが照りつけました。
 このところ風邪っぽかった子どもたちですが、次男は我慢できずに外で雪遊び。そのうち、次男にせがまれかまくらを作る羽目になりました。
e0058338_13235675.jpg
 最初はもう少し大きいのを作ろうとしていましたが、雪山が大きくなるまで待てない次男一人用の小さいかまくらになってしまいました。入り口も最初はもう少し小さく作っていたのですが、中を掘り進むうちに崩れてしまい、写真のようなかまくらに。それでも、次男はご満悦のようでした・・・

 この時期は、再来年用の薪づくり、来年用の薪の積み替えなどで、雪はあまり降って欲しくないのですが、こればかりは仕方ないですね。
 それでも、先週の休みには、山へ行ってクヌギ2本、枯れたクリの木1本を出してきて、薪にしました。
e0058338_13313285.jpg
e0058338_13314311.jpg
e0058338_1332669.jpg
 今まで主に作っていた、リンゴやナシなどの果樹の木の薪に比べて、クヌギの薪のきれいなこと。こういう薪は、割ってもよし積んでもよし。本当に薪づくりが楽しくなってきます。
[PR]
by haruhiko_imao | 2008-02-11 13:37 | 暮らし

今年最後の日

 最近の投稿から早くも4ヶ月が経過し、季節もあっという間に冬となり、今年最後の日を迎えました。
e0058338_17185618.jpg
 大晦日の今日は、この冬初めて雪が積もり、子ども達は大喜び。
 大人たちは、あたたかいストーブのある家の中でお正月の準備に追われていましたが、子ども達は外で雪遊び。この寒い日に、よく平気だな~と感心してしまいます。
e0058338_1723285.jpg
 昨日、山から切り出してきた竹と松で作った門松も、雪に埋もれそう。
 この門松、毎年ほとんど見よう見まねで作っています。子どもの頃、親父が作るのを眺めていた記憶が頼りの自己流です。きちんと教わる前に亡くなってしまったので、細かいところは本当に適当。ほかの家の門松は立派なものが多いので、我が家のものは見劣りしてしまいます・・・


 今年は本当にいろいろなことがありました。

 一番は、私が単身赴任生活になったということ。子ども達には淋しい思いをさせて(そう思っているのは私だけ?)しまっていますが、いざ休日となると家の仕事も結構忙しく、あまり構ってあげられませんでした。
 仕事の環境も激変し、たくさんの人に出会えて勉強になったことも多かった反面、周囲の人達に迷惑をかける場面も多かったと反省しています。来年は、これまで以上に頑張らなければと思っています。

 あと、言動などで心配の多かった次男が小学校に上がったということ。相変わらず、大丈夫かな~、と思う場面も多いですが、周囲の先生や友達にも恵まれて、学校の運動会のリレーやマラソン大会で、想像以上の活躍ができました。得意な分野を自信にして頑張っていってくれればと思っています。

 このブログも、一年間にたったの20件しかアップできずに今年が終わりになろうとしています。以前どこかで少し触れた仕事関係のブログも、実はやってみると結構大変で、こちらのブログにほとんどエネルギーが回ってきませんでした・・・
e0058338_17411299.jpg
 今年もスキーシーズンを迎えました!
 今シーズンは、末の娘がスキーを始めました。2回目でようやく独りでボーゲンができるようになり、これからの上達が楽しみです。

 それでは、皆様よい年越しをお過ごしください。
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-12-31 17:47 | 暮らし

単身赴任・・・

 何と4月から、長野市に異動することになりました。

 こういう森に関する仕事をしていて、伊那谷から長野へということは、何だか職種を明らかにしているようですが、いずれにしてもサラリーマンの宿命でしょうか。行けと命令されるところには行かざるを得ません。

 かみさんともいろいろ相談をしていますが、恐らく私ひとり単身赴任になると思います。子どもの学校、特に次男はもうすぐ一年生ですが、急激な環境の変化は彼にとって良くないと思っていますので、なるべく子ども達中心で考えていきたいと思っています。

 ブログも、できるだけ続けていきたいですが、まだどういうところに住むのかも決まっていませんので、どうなることやら・・・といった感じです。
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-03-16 22:51 | 暮らし

キノコの植菌作業

 先週、家の山から切り出した原木に、種菌メーカーから送られてきたキノコの種駒を打つ植菌作業を行いました。

e0058338_21451486.jpg
 キノコの種類は、シイタケ、クリタケ、ナメコの三種類。一番メジャーなものを3つ選んだといったところです。
 ただ、この三種類、原木の乾燥させ方がそれぞれ違うので、あらかじめ打つ駒数を決めておき、それに見合った原木を、早い時期になると11月終わり頃から伐採しておきました。(クリタケは原木をよく乾かす必要あり)

 植菌作業は、私がドリルで穴を開け、子ども達が種駒を打つという手順で行いました。最初はもたもたしていた子ども達も、だんだん数をこなすうちに慣れて、半日ぐらいのうちに2000駒を打つことができました。
 最初は面白がっても、そのうち飽きるかな~、と思ってみていましたが、長男は割と面白がって最後まで打っていました。

 植菌が終わった原木は、庭先に並べむしろをかけて、仮伏せしました。これから2週間ぐらい、毎日散水して菌がよくまわるようにしなくてはいけません。

 美味しいキノコがたくさんできると思うと、ワクワクしながら作業ができました。今回植菌したものは、早くて来春の収穫になりますが、今からとても楽しみです。
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-03-04 21:58 | 暮らし

冬の外仕事

 この土日、すっきりとした晴れではありませんでしたが、雨や雪も舞うことなく、外で仕事をするにはちょうどよい天気でした。

 この時期、寒い季節にも関わらず外での仕事がたくさん控えている時期でもあります。庭木の剪定、消毒、薪割り、薪づくりなどなど・・・・
 庭木の消毒は意外かもしれませんが、樹木の休眠期であるこの時期は、活動期よりもしっかり消毒できます。石灰硫黄合剤などの昔ながらの薬ですが、この時期やっておけば新緑以降の虫や病気の害をだいぶ抑えられるようです。

 といっても、この休みは消毒まで手が回らず、昨日の土曜日は家の西側にあるカエデがずいぶん大きくなってしまったので、本数を減らそうと少し伐りました。
e0058338_19445154.jpg
 直径が20㎝くらいあるものもあったので、太いところはナメコの原木にしようと、90㎝くらいの長さに玉切り、あとは薪に回しました。
e0058338_19471888.jpg
 細いものをエンジンのチェーンソーで玉切るのは結構厳しいので、細いところは電気式の小さいチェーンソーで伐ります。エンジン式に比べて力はないですが、スタートが簡単なことと片手でも作業ができるので、ちょっとした切断作業には重宝しています。

 日曜日の今日は、昨年まで貸していた梨畑を返してもらったのですが、さすがに梨を作る訳にも行かず、20本近くある梨の木を泣く泣く伐採しました。
e0058338_19591661.jpg
 それでも、番線で棚が作ってあるので、簡単に切ることはできず、一日で6本くらいしか切ることができませんでした・・・
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-01-21 19:59 | 暮らし

雪降り三連休

 昨日の大雪、今日の午前中は割と天気が良くなったのですが、ほとんど溶けずに午後はまた雪がちらほらと。
 この時期、外でやりたい作業が山のようにあるのに、こんな天気では思うようにできません。午前中は、来年用の薪を割り始めましたが、地面がぬかるんできて、あまりはかどりませんでした・・・

 子ども達は、昨日に引き続き雪遊び。伊那谷のこの辺りで、これだけ降るのは年に何回もある訳ではないので、思い切り雪まみれになっています。
e0058338_16163388.jpg
e0058338_16254911.jpg
 ソリ遊び、雪合戦、雪に埋まってみたり・・・

 中でも、スキーを覚え始めた次男はおもちゃのスキー板をつけて、雪かきで集めた雪のスロープから、何度も何度もすべっては転んで雪まみれになっていました・・・



 動画アップの方法を覚えたので、ついでにもう一つ。
 4才になる長女は、昔懐かしいスタイルでそり滑り。肥料袋が見あたらなかったので、かわりに木質ペレットの空き袋を使って挑戦です。これが、案外上手にすべっていました。
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-01-08 16:28 | 暮らし