<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Wii

 買ってしまいました。

e0058338_21275458.jpg


 テレビのない生活から、一転テレビゲームのある生活です(笑)。

e0058338_21285294.jpg


 テレビゲームというと、一人部屋にこもってピコピコ、というイメージでしたが、これは結構家族でわいわい遊べます。大人も楽しいです。
 
 体力測定、というものがあるのですが、私は60才、長男は38才でした・・・
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-01-31 21:30

冬の外仕事

 この土日、すっきりとした晴れではありませんでしたが、雨や雪も舞うことなく、外で仕事をするにはちょうどよい天気でした。

 この時期、寒い季節にも関わらず外での仕事がたくさん控えている時期でもあります。庭木の剪定、消毒、薪割り、薪づくりなどなど・・・・
 庭木の消毒は意外かもしれませんが、樹木の休眠期であるこの時期は、活動期よりもしっかり消毒できます。石灰硫黄合剤などの昔ながらの薬ですが、この時期やっておけば新緑以降の虫や病気の害をだいぶ抑えられるようです。

 といっても、この休みは消毒まで手が回らず、昨日の土曜日は家の西側にあるカエデがずいぶん大きくなってしまったので、本数を減らそうと少し伐りました。
e0058338_19445154.jpg
 直径が20㎝くらいあるものもあったので、太いところはナメコの原木にしようと、90㎝くらいの長さに玉切り、あとは薪に回しました。
e0058338_19471888.jpg
 細いものをエンジンのチェーンソーで玉切るのは結構厳しいので、細いところは電気式の小さいチェーンソーで伐ります。エンジン式に比べて力はないですが、スタートが簡単なことと片手でも作業ができるので、ちょっとした切断作業には重宝しています。

 日曜日の今日は、昨年まで貸していた梨畑を返してもらったのですが、さすがに梨を作る訳にも行かず、20本近くある梨の木を泣く泣く伐採しました。
e0058338_19591661.jpg
 それでも、番線で棚が作ってあるので、簡単に切ることはできず、一日で6本くらいしか切ることができませんでした・・・
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-01-21 19:59 | 暮らし

冬の結露

 家を改造して、とにかく冬暖かくなりました。前の家では、家の中にもかかわらず平気で台所のボールに張った水が凍ったりしていました。

 それと、冬困らなくなったのは、窓の結露です。
e0058338_238513.jpg
 昔の懐かしい写真をパラパラと見ていたら、改造工事中の仮住まいの時の写真が出てきました。
 改造工事中は、長屋の工事をしないスペース一部屋で過ごしていました。広い部屋でしたが、一つところで台所から寝室まで全てを兼ねていましたし、ちょうど時期的には秋から春にかけて、真冬の一番厳しい時期にかかっていたので、結露はひどいものでした。暖房も開放式の灯油ストーブのみでしたから、結露しない訳がありません。窓から床までビショビショになっていました・・・

 改造後、一応一通り断熱材や防湿シートが施工されましたし、窓もペアガラスになりました。暖房はOMソーラーと薪ストーブで、冬はどちらかというと過乾燥になるぐらいになりました。
e0058338_23155255.jpg
 結露もほとんどしなくなりました。あえて指摘するなら、家族全員で寝る部屋の窓が写真の程度に結露するぐらいで、この結露も朝方だけで、昼間は消えてしまいます。
 本当にありがたいことです。
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-01-18 23:19 | 住まい

薪ストーブと天井のファン

 今日は、先週延期になったどんど焼き(ほんやりさま)の準備でしたが、末の娘がおなかをこわしてしまったようでしたので、私と娘でお留守番となりました。(ほんやりさまの準備の様子を載せたかったのですが・・・)

 たまには薪ストーブ+家関係の記事をアップしないといけないな、と思っていましたので、今日は薪ストーブと天井のファンを紹介します。
e0058338_14131317.jpg

 薪ストーブがあるリビングは、もともと二間続きの座敷だったところです。座敷の天井を取り払って吹き抜けの空間になったので、天井までの高さが最大で4.5mあります。この時期は、どうしても暖気が天井付近にたまってしまうので、そうした時には天井に付けたファン(φ=900)がとても役に立ちます。
e0058338_14245159.jpg

 薪ストーブを焚いて、天井付近が暖まったなと思われたら、天井のファンを回します。ファンを回すと、回さない時に比べて室温が1℃ぐらい高くなります。今どきの寒い時期の1℃は、とても大きいです。ちなみに、風量は4段階になっていますが、一番弱い風で十分です。
e0058338_1437693.jpg

 天井やロフト付近に暖気がたまっていますので、この時期はロフトがとても暖かく過ごしやすいです。たま~に、子ども達の喧噪から離れて昼寝をしたい時など、座布団持参でロフトに避難(笑)することもあります。。。
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-01-13 14:41 | 住まい

この冬一番の冷え込み

 二日連続で雪降りだった次の日の今朝、この冬一番の冷え込みとなりました。
通勤の道路は圧雪でカチカチ。時間がかかることを見越して早めに家を出たのですが、予想以上にノロノロ運転が続き、普通なら45分くらいのところが、1時間30分以上かかってしまいました・・・

 明日の朝は今朝以上の冷え込みになりそう。伊那谷ではマイナス10℃前後の最低気温になるところもあるようです。
e0058338_22474622.jpg

 いつもなら、夜寝るときは薪をくべない薪ストーブに、今夜はたっぷりと薪を入れて、よ~く温度を上げておいてから空気をいっぱいに絞りました。夜の10時半で部屋の温度は17℃、外の温度はマイナス2℃。明日の朝は、どうなっているかな?
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-01-09 22:49 | 薪ストーブ

雪降り三連休

 昨日の大雪、今日の午前中は割と天気が良くなったのですが、ほとんど溶けずに午後はまた雪がちらほらと。
 この時期、外でやりたい作業が山のようにあるのに、こんな天気では思うようにできません。午前中は、来年用の薪を割り始めましたが、地面がぬかるんできて、あまりはかどりませんでした・・・

 子ども達は、昨日に引き続き雪遊び。伊那谷のこの辺りで、これだけ降るのは年に何回もある訳ではないので、思い切り雪まみれになっています。
e0058338_16163388.jpg
e0058338_16254911.jpg
 ソリ遊び、雪合戦、雪に埋まってみたり・・・

 中でも、スキーを覚え始めた次男はおもちゃのスキー板をつけて、雪かきで集めた雪のスロープから、何度も何度もすべっては転んで雪まみれになっていました・・・



 動画アップの方法を覚えたので、ついでにもう一つ。
 4才になる長女は、昔懐かしいスタイルでそり滑り。肥料袋が見あたらなかったので、かわりに木質ペレットの空き袋を使って挑戦です。これが、案外上手にすべっていました。
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-01-08 16:28 | 暮らし

本格的な雪降り

 朝、目が覚めると、ん?・・
e0058338_11323982.jpg
 昨日は朝方雪だったのが昼間は雨降りという、ひどい天気でしたが・・・
e0058338_11342773.jpg
e0058338_11344367.jpg
 今シーズン初めての本格的な雪降りになりました。昨年は12月の初めに本格的な雪降りになり、県内の北部の方は大雪で大変な状態で、そう言えば去年の今頃、雪かきボランティアに出かけたりもしていました。

 さっそく家の周りの雪かきです。
e0058338_11384423.jpg
 でも、かいた端から雪が積もっていきます・・

 子ども達は、待望の雪降りで大喜び。雪まみれになって遊んでいました。
e0058338_11395338.jpg
 ん?・・・誰か行き倒れか?・・
e0058338_11402614.jpg
 雪にずっぽり埋まって遊んでいる次男です。
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-01-07 11:41 | 暮らし

美味しいシャンパーニュ

 久しぶりに、ワインの記事をアップしようと思います。

 そうは言っても年末年始は、やはり日本酒ですよね。毎年、年末になると亡きおふくろの実家である酒屋から、お正月のお酒を買ってきていますが、今年は秋田の「天壽」を買ってきて、ぬる燗で楽しんでおります。

 年末に飲んだワインでおいしかったのは、シャンパーニュのギィ・ド・サン・フラヴィー。いわゆる「シャンパン」です。e0058338_22184671.jpg
 私も、ワインを飲むようになるまで誤解していたのですが、シャンパンとスパークリングワインは違うんです!ワインの中でも、グラスに注いだときに泡立つものがスパークリングワイン(発泡性ワイン)なのですが、その中でもフランスのシャンパーニュ地方で作られているものだけを「シャンパーニュ」あるいは「シャンパン」と呼ぶようなのです。ですから、「スペインのシャンパン」や「カリフォルニアで造られたシャンパン」は本来あり得ないのです。ちなみに、あの有名な「ドン・ペリ」もシャンパーニュです(私は飲んだことないけど)。

 まぁ、名前はどうでもいいのですが、このシャンパーニュ、非発泡性から発泡性へ変化させる生産方法の名前にもなっているくらいですので、やはり本場でしょうか。シャンパーニュ方式(または伝統方法traditional method)と言って、発酵した辛口のワインにショ糖と酵母を加えて瓶詰めし、瓶の中で2次発酵させ造られます。シャンパーニュ方式のほかには、密閉タンクで2次発酵させるシャルマ方式、通常のワインを加圧し炭酸ガスを注入する炭酸ガス注入法などがあるようです。いずれの方式も泡のきめ細かさや持続性はシャンパーニュ方式にはかなわないようです。

 年末に飲んだギィ・ド・サン・フラヴィー、非常に果実味豊かで、厚みのある味わいの割にはすっきりとした後味で、とても美味しかったです。シャンパーニュにしてはお手頃な価格で2,800円くらいでした(vinvin)。使用されているブドウはピノ・ノワール45%、ピノ・ムーニエ45%、シャルドネ10%で黒ブドウ主体です。ちなみに、黒ブドウ100%で造られるシャンパーニュを「ブラン・ド・ノワール」と呼ぶそうです。
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-01-06 22:21 | 美味しいワイン

今年はじめてのスキー

 先日、昨年のお正月にも行った治部坂高原スキー場に行ってきました。

 昨年とは打って変わって、今年は周辺に雪が全くなく道中はラクチンでしたが、そのかわりゲレンデにも雪が少なく、所々地面が見えているところもあるくらいでした。

 昨年は長男だけを連れて行ったのですが、今年は何とか次男にもスキーを覚えさせようと、3人で行きました。幸い、昨年と違って次男本人のやる気がずいぶん出てきたようで、近所のお姉さんからのお下がりの板を付けて、行く前からやる気満々の様子でした。

 当日はスキー場に着くと、長男の分のリフト券だけ購入し、彼だけはさっさとリフトに乗り単独行動。次男と私は、下の平らなところで特訓となりました。が、運動が得意な彼にしては、かなり手こずっている様子で、なかなか思った方向に行ったりスピードをコントロールしたりすることができないでいました。
e0058338_201907.jpg
 あまり上達しないまま、リフトに乗ってゲレンデを滑りましたが、一人で滑るとどうしてもスピードがコントロールできずにクラッシュ・・・。半分以上お父さんに「だっこ」状態で滑ることになりました。
それでも、「今度はお兄ちゃんと二人で来ようかなぁ~」と言うと、「またボクも来たい!」とまだまだ諦めない次男でした。

e0058338_20192299.jpg
 今日は、先日までと打って変わっての雪模様となりました。地区の「どんど焼き」の準備があったのですが、こんな天候でしたのでとりあえず門松集めだけやって、どんど焼きは来週までお預けとなりました。
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-01-06 20:20 | 子どもたち

テレビのないお正月

 新年あけましておめでとうございます。
e0058338_20484445.jpg

 今年のお正月は、本当におだやかな陽気でした。
いつもの年よりも暖かかったですし、雪が舞うこともなく三が日が終わりそうです・・・(写真は家の近くから見える南アルプスの塩見岳周辺です)

 今年のお正月、そのほかにいつもの年と違っていることがあります。それは、テレビ無しで年末年始を過ごしているということです。
 年末年始には紅白から始まって、やはりテレビが欠かせませんが、去年の夏頃からテレビを撤去してから、そのままの状態で年を越すことができました。子ども達は、しきりにテレビを出して!とお願いをするのですが、何とかでこれまで過ごすことができています。
e0058338_20493547.jpg

 お出かけしたり、親戚の家へ行く機会のあまりない我が家の子ども達、さてどうやってお正月を楽しく過ごそうか、ということで、今日は凧揚げをしてきました。年末のうちにそれぞれ気に入った凧を買っておいて(最近、お店で凧を売っているところをあまり見ない・・・)、近所のグラウンドへ出かけました。私が子どもの時は、家の近くの田んぼで凧揚げをしましたが、最近では電線が近くに張られてしまったので、危なくてできません。そこで、近くにある広いグラウンドまで出かけました。
 ところが、あんまり穏やかな陽気すぎて、ほとんど無風状態。凧揚げには最悪の天候でした。それでも、洋凧は凧糸を張って走れば揚がるので、みんな必死になって走り回っていました。今度は、もう少し風のある日にトライしようということになりました。
e0058338_2050080.jpg

 夜は夜で、何と私が子どもの時に遊んでいた「ポンジャン」で遊んだり、お絵かきをしたり、結構健気に遊んでしました。テレビ無し生活、いつまで続くかな・・・
[PR]
by haruhiko_imao | 2007-01-02 20:52 | 子どもたち