小学校最後の入学式

 今年は一番下の娘が一年生。先日入学式がありました。
e0058338_11242669.jpg
 今まで、上のお兄ちゃんたちの入学式には出席できずにいましたので、一番下の娘の入学式に初めて参加しました。娘はつい何日か前に6歳になったばかりで、一年生の中では最年少(笑)。新しいランドセルが大きく見えます。

 今年の新一年生は24人。ほとんどが娘も通っていた隣の保育園からの引き続いてのお友達ですが、中には新しいお友達も何人かいたようで、娘も期待と緊張のにじむ表情をしておりました。
e0058338_11245345.jpg
 学校の校舎は、私が通ったときのまま。古くなった校舎に新しい木の机と椅子が運ばれた教室が一年生の部屋です。
 次男の学年である昨年の一年生から、これまでのスチール製の机からカラマツの木の机・椅子になりました。この机・椅子は高さが調節できるので、6年生まで使うことになるようです。
e0058338_1125173.jpg
 新1年生の担任の先生は、新しくこの学校に赴任された女性の先生。これから楽しく1年間勉強ができそうです。早速今週からは給食も始まり、楽しい学校生活が始まりそうです。当の本人は、まだ保育園の延長気分ではありますが、勉強だけでなくいろんなことを学んで大きくなっていって欲しいものです。
e0058338_11253771.jpg

 伊那谷の桜は、ようやく咲き始めです。満開の桜を見ながらの入学式というわけにはいきませんが、これからの通学で学校の桜が子どもたちを迎えてくれそうです。
[PR]
# by haruhiko_imao | 2008-04-07 11:26 | 子どもたち

栂池へスキーに

 先日の日曜日、栂池高原スキー場に行ってきました。学生時代、私がよく行ったスキー場の一つで、多分15年ぶりぐらいになります。

 信州のスキー場の多くが、この日は「スキー子供の日」で、小学生以下が一日リフト券が無料でしたので、これに便乗して長男、次男の三人で行ってきました。
e0058338_23575213.jpg
 小学校1年からスキーを滑っている小4の長男も、これだけ広い本格的なスキー場は初めて。いつも行っているファミリーゲレンデでは、みんな適当に滑っていても迷子になることはありませんが、今回は自由行動という訳にも行かず、三人で一緒に滑りました。
 二シーズン目の次男も中級コースや、やや易しめの上級コースであれば、何とか滑ることができるようになったので、滑走禁止になっているゲレンデ以外は全て制覇しました。

 急なコースをいやがる次男は、なだめられながら連れて行かれ、ちょっと疲れ気味。しかも、新雪の積もったゲレンデは初めてで、結構コントロールして滑るのは難しく、今までとは勝手が違った様子でした。あと、天候がすぐれず吹雪いている時間もあったので、顔の冷たさに閉口していました。
 それでも、朝8時から夕方4時近くまで滑り、広いスキー場を満喫して帰途につきました。

 帰りは渋滞に巻き込まれ、家に着くまで何と5時間もかかりました。それに、道路はあちこちで凍結しており、所々でヒヤッとする場面もありましたが、何とか無事帰って来られました。
 やはり、こういう時には車は四輪駆動がいいなぁ、とつくづく思いました・・・
[PR]
# by haruhiko_imao | 2008-02-19 00:19

大雪の三連休

 三連休初日の土曜日、午前中は曇りでしたが、お昼過ぎから雪が降り始め、あっという間に白銀の世界になってしまいました。この日の降りは結構ひどく、雪かきをしてもかいた端から真っ白になってしまい、4回も雪かきをしてしまいました。トータルで30㎝以上積もりましたが、こんな雪降りは年にそう何回もありません。今年は長野市の方よりもこちらの南信の方が雪が多いような気がします。
e0058338_13205987.jpg
 次の日の日曜日、朝から良い天気で前の日の雪降りが嘘のような日差しが照りつけました。
 このところ風邪っぽかった子どもたちですが、次男は我慢できずに外で雪遊び。そのうち、次男にせがまれかまくらを作る羽目になりました。
e0058338_13235675.jpg
 最初はもう少し大きいのを作ろうとしていましたが、雪山が大きくなるまで待てない次男一人用の小さいかまくらになってしまいました。入り口も最初はもう少し小さく作っていたのですが、中を掘り進むうちに崩れてしまい、写真のようなかまくらに。それでも、次男はご満悦のようでした・・・

 この時期は、再来年用の薪づくり、来年用の薪の積み替えなどで、雪はあまり降って欲しくないのですが、こればかりは仕方ないですね。
 それでも、先週の休みには、山へ行ってクヌギ2本、枯れたクリの木1本を出してきて、薪にしました。
e0058338_13313285.jpg
e0058338_13314311.jpg
e0058338_1332669.jpg
 今まで主に作っていた、リンゴやナシなどの果樹の木の薪に比べて、クヌギの薪のきれいなこと。こういう薪は、割ってもよし積んでもよし。本当に薪づくりが楽しくなってきます。
[PR]
# by haruhiko_imao | 2008-02-11 13:37 | 暮らし

リンゴの木よ薪へ

 我が家のリンゴの木は3本を残すのみで、自家用のリンゴを細々と作っていました。ただ、ほとんど自分で作っているとはいえず、近所のリンゴ農家の方にいろいろ面倒を見てもらって何とか収穫していましたが、単身赴任となってしまいさすがに続けていくことは難しい状況となり、とうとう全部伐ることになりました。
e0058338_19471494.jpg

 今朝はマイナス8℃まで冷え込みましたが、天気はとてもよく、絶好の外作業日和でしたので、チェンソーを振るって3本のリンゴの木を切りました。
 剪定ではなく、全部伐ってしまうことから、結構薪になるかなと思っていましたが、木が小さいことから3本伐っても軽トラ1杯にもならず午前中と午後少しかけただけで運搬、玉切り、薪割りがあっという間に終わってしまいました。全部でこの写真の一番手前に積んだ量だけでした・・・。多分、シーズンだと2週間分くらいでしょうか。
e0058338_194756100.jpg

 それでも、何年か美味しいリンゴを提供してくれた木ですから、感謝して暖をとることになると思います。

e0058338_19481489.jpg

 薪を割ると、顔を出すのが「テッポウムシ」。なんだか分かりますか?シロスジカミキリなどの幼虫です。あまり気持ちのよいものではないので、いきなり現れると、ちょっとびっくりします。昔、私のじいさんなどは、こうした幼虫を焼いて食べていました。結構美味だとか!?私はまだ試したことがありません・・・
[PR]
# by haruhiko_imao | 2008-01-27 19:50 | 薪ストーブ

長男の誕生日

 今日は長男の10才の誕生日でした。といっても、遠くの地からのおめでとうコールくらいしかしてあげられませんが(涙)・・・

 長男が産まれたのはちょうど長野オリンピックが目前という時。長男が産まれたのも、長野オリンピックがあったのも、もう10年経ってしまったのか、と年月が流れる早さに驚いてしまいます。十年一昔と言いますが、ついこの間のような気がしていますね。

 当時、仕事の関係で松本に住んでいましたが、この年の松本は何十年ぶりかの大雪に見舞われた年でした。確か市内で70㎝くらい積もった時もあったように記憶しています。アパートの前の道は除雪が間に合わず車も通れない状況で、予定日を控えたかみさんを、陣痛が起こったらどうやって病院まで連れて行こうか、と途方に暮れていました。
幸い予定日よりも遅れて産まれたので、何とか車を雪の中から掘り出して運転し、病院まで連れて行くことはできましたが。

 産まれた時は少し体重も小さく、結構難産だったこともあって最初は保育器に入っていた彼も、まぁここまで大した怪我や病気もせず大きくなり、最近では反抗期にさしかかりつつありますが、兄弟や友達とも仲良く自立心を持って成長していって欲しいと願っております。
e0058338_21113230.jpg

写真は今回の内容とは関係ありませんが、このところ我が家の池の魚を狙う珍客、多分ホンドイタチだと思います。池の中を自由自在に泳ぎまくり、子ども達と釣ってきた魚をくわえて去っていきます。昔は、野生の動物をこんな間近に見なかったような気がしますが、最近はいろいろな動物を見かけるようになりました。困ったことも結構多いんですが・・・
[PR]
# by haruhiko_imao | 2008-01-24 21:19 | 子どもたち

二台目の薪ストーブ

 皆様、新年あけましておめでとうございます。
 新しい年が、皆様にとって佳い年になりますよう、心からお祈り申し上げます。

 さて、昨年暮れのことではありますが、表題のとおり何と二台目の薪ストーブを導入してしまいました!!といっても、購入したのはこれ↓
e0058338_20131887.jpg
 外仕事の場所や薪置き場になっているサービスヤードに設置した、ホンマ製作所の時計型薪ストーブです。昔、祖父の仕事場にこんなストーブあったなぁ~、という感じのストーブが、最近の原油高騰の折見直されているせいか、町のちょっとしたホームセンターに数千円で並べられていました。
 煙突も含めて7~8千円で、施工は自力。何とも安直に付けることができました。

 このところ、薪づくりや年末の掃除などで、外仕事という日が多かったのですが、寒い日でもあたたかいストーブがあれば、かなり強い味方になります。一休みのコーヒーなんかもこのストーブの前に持ってきて一服、なんてちょっと心が安まる感じがします。
 家の中のストーブとはだいぶ違ってはいますが、今まで何ということもなかったスペースが、お気に入りの場所の一つになってしまいました。
[PR]
# by haruhiko_imao | 2008-01-07 20:23 | 薪ストーブ

今年最後の日

 最近の投稿から早くも4ヶ月が経過し、季節もあっという間に冬となり、今年最後の日を迎えました。
e0058338_17185618.jpg
 大晦日の今日は、この冬初めて雪が積もり、子ども達は大喜び。
 大人たちは、あたたかいストーブのある家の中でお正月の準備に追われていましたが、子ども達は外で雪遊び。この寒い日に、よく平気だな~と感心してしまいます。
e0058338_1723285.jpg
 昨日、山から切り出してきた竹と松で作った門松も、雪に埋もれそう。
 この門松、毎年ほとんど見よう見まねで作っています。子どもの頃、親父が作るのを眺めていた記憶が頼りの自己流です。きちんと教わる前に亡くなってしまったので、細かいところは本当に適当。ほかの家の門松は立派なものが多いので、我が家のものは見劣りしてしまいます・・・


 今年は本当にいろいろなことがありました。

 一番は、私が単身赴任生活になったということ。子ども達には淋しい思いをさせて(そう思っているのは私だけ?)しまっていますが、いざ休日となると家の仕事も結構忙しく、あまり構ってあげられませんでした。
 仕事の環境も激変し、たくさんの人に出会えて勉強になったことも多かった反面、周囲の人達に迷惑をかける場面も多かったと反省しています。来年は、これまで以上に頑張らなければと思っています。

 あと、言動などで心配の多かった次男が小学校に上がったということ。相変わらず、大丈夫かな~、と思う場面も多いですが、周囲の先生や友達にも恵まれて、学校の運動会のリレーやマラソン大会で、想像以上の活躍ができました。得意な分野を自信にして頑張っていってくれればと思っています。

 このブログも、一年間にたったの20件しかアップできずに今年が終わりになろうとしています。以前どこかで少し触れた仕事関係のブログも、実はやってみると結構大変で、こちらのブログにほとんどエネルギーが回ってきませんでした・・・
e0058338_17411299.jpg
 今年もスキーシーズンを迎えました!
 今シーズンは、末の娘がスキーを始めました。2回目でようやく独りでボーゲンができるようになり、これからの上達が楽しみです。

 それでは、皆様よい年越しをお過ごしください。
[PR]
# by haruhiko_imao | 2007-12-31 17:47 | 暮らし

imao山は激変

 この夏は、今までに経験したことのない暑さでした。

 特にひどかったのは、お盆休みの13日の週。外気温は37℃を超え、室温も32~33℃にまで達しました。これまで、クーラー、扇風機なしで夏を過ごし、それほど必要ないと感じていましたが、この酷暑が続くと、導入を検討したくなってきてしまいます。

 あまりにも暑いので、お昼過ぎからはたびたび家の周りに水を撒きました。井戸水の散水栓が外に設けてあるので、少しでも涼が得られるよう、ウッドデッキや庭に一日何度となく水撒きをしました。
e0058338_1516493.jpg
 日差しがとても強いので、水をしっかり撒いても、少し経つと乾いてしまい、水を自分の体にも撒いて暑さをしのいでいるようなものでした。


 この土日、久しぶりに家の山を覗きました。以前かなりきれいに手入れをしたにもかかわらず、半年経った現在、すでに藪になっていました・・・
e0058338_10231619.jpg
 タケはあっという間に大きくなってしまうので、また同じように切って整理です。
 それでも、今年生えたばかりなので、幹もやわらかく、半日ほどできれいにできました。
e0058338_10264941.jpg


 地面をよく見ると、実生で生えてきた広葉樹があちこちに見られました。これは、クリかクヌギか?葉っぱだけだとよく分かりませんが、多分クリでしょう。
e0058338_102749100.jpg


 これは、コナラ。薪のことを考えると、一番増やしたい樹種ですねぇ~
e0058338_10311875.jpg


 そして、一番意外だったもの。
e0058338_10334955.jpg
 これは葉っぱの感じからするとブナだと思うのですが、この標高からすると、あまり周囲にもありませんし、何か動物が実を運んできたのでしょうか??地面があまり明るくなると絶えてしまうでしょうね~
[PR]
# by haruhiko_imao | 2007-08-26 10:35 | 山の手入れ

久しぶりの更新です

 久しぶりの更新です。
 
 前の記事でコメントをいただいた皆様、レスをしなくて申し訳ありませんでした。
最近、ようやく単身赴任のアパートのネット環境が整い(何とBフレッツ!)、平日でも夜帰ってくれば、パソコンに向かうことができるようになりました。
 それでも、仕事だけでもやっとの生活が続いているので、なかなかブログにまで気が回りません。コメントを頂いても、なかなか返事が書けないかもしれませんが、お許しください。

 実は、近いうちに仕事の関係のブログを立ち上げることになりそうです。
今、仕事で取り組んでいる内容について、より多くの方に知ってもらい、意見を出してもらったり参加してもらったりするためです。
 実名での管理になると思うので、このブログからリンクを張るかどうかは判りませんが、もし、そちらの方でもお付き合いをいただければ幸いです。
e0058338_21203874.jpg
e0058338_21214845.jpg
 仕事で調査に行った宮崎の森林です。あちこちで大きな面積の伐採地が。これがなかなか植林されなくて、今問題になっています。
[PR]
# by haruhiko_imao | 2007-08-23 21:22

週末の過ごし方

 4月以降、スローペースでの更新です。

 言い訳をしますと、平日過ごす長野のアパートにまだネットの環境が整備されていません。これは、お金さえ出せば光ケーブルがつながる申し分ない環境なのですが、単身赴任生活の予想だにしない出費に、そこまでお金が回らないのが現実です。私は最近、自らのことを「単身赴任貧乏」と呼んでいます(笑)。
 週末に帰ってくる伊那の家は、今までどおりのネット環境ですが、身も心もボロボロになって帰ってくるので、パソコンに向かう時間は以前に比べてずっと減ってしまいました。
e0058338_0541.jpg
 写真は確か4月のものですが、今年も家の敷地ににょきにょきとタケノコが生えてきました。家の近くにはモウソウチク、マダケ、ハチクと一通りの種類の竹が自生しています。何も手をかけないで収穫できる、ありがたい存在である一方、放っておくと大変なことになってしまいます。
e0058338_083972.jpg
 これも確か4月の写真。7年前に長野から帰ってきた時に、かみさんの実家から贈られた「ウコンザクラ」。今年もきれいに咲きました。
e0058338_010124.jpg
 週末帰ってくると、必ず家の山を覗きに行きます。びっくりしたのは、4月と5月で林の中の明るさが全然違うということ。手入れをして明るくなったな~、と思っていたのは、木々が落葉していたせいでした・・・まだまだ伐り足りないということですね。
e0058338_012161.jpg
 週末、外でいろいろなことをして元気をもらい、再びアスファルトとコンクリートに囲まれた世界に戻っていきます。
[PR]
# by haruhiko_imao | 2007-05-27 00:14